処分予定のトラクター

農作業をされている方で、トラクターを日常の畑作業などで使用していない人は少ないと思います。そんな農作業に不可欠であるトラクターではありますが、購入したのは良いもののもちろん使えば使った分だけ劣化していくのは当然のことながら、万が一、収穫時など繁忙期に活躍するトラクターが使えないなんてことは考えたくもありません。常にトラクターは動く状態にしておかなければいけません。とはいえ、劣化したトラクターは寿命もありますし、日々トラクター業界では画期的なトラクターが販売されておりますので、作業効率化という意味では、新しければ新しいほど良いものです。

そう考えたときに今使用しているトラクターを処分して、新しいトラクターを購入すると思いますが、処分予定のトラクターはどうしましょう。もちろん処分してもOKですが、状態によってはそのトラクターを買取してくれる業者もあるのをみなさんご存知でしょうか。車でも中古車があるようにトラクターにも中古があり、そうしたトラクターは不要になったトラクターを買取、自社で修理をして、また新たなトラクターとして中古として販売するのです。(参考:トラクター買取|農機具高く売れるドットコム

みなさんも新しいトラクターを購入する場合は、今のトラクターを処分せずに是非一度、買取業者に問い合わせをしてみて下さい。もしかしたら予想以上の資金になるかもしれません。

ベストな売却時期

使用しなくなったトラクターや買い替えを行う為に今のトラクターを売却しようと考えている方は多いのではないでしょうか?もちろん、そのトラクターの状態やオプションなどにより買取金額に違いは出てくるものの、同じトラクターであればいつ売却しても買取金額は変わらないだろうと思っていたりしていませんか。

それは大きな間違いです。車と違って、トラクターは農作業場で使用されることがほとんどで、使用する時期もその農作物で変わってきますが基本的には決まっています。逆を言ってしまえば、新品もそうですが中古のトラクターもその使用するシーズンに最も多く購入されることが多く、買取専門業者も中古トラクターの台数が不足してしまう為、同じ状態のトラクターでもシーズン中に売却する方が高値で売れるのです。

ただし、いくらシーズン中とはいえ、シーズンが終わるころに売却をしてしまうとシーズン外の買取金額とそこまで差が出ることがありません。買取業者側もシーズン中にその買い取ったトラクターを販売して1台でも多くのトラクターを売却したいので、シーズンが始まった直後やもしくはシーズン本番前に売却をすることで高値で買取を行ってくれます。これからトラクターの売却を考えている方は今お持ちのトラクターが使用されるであろうシーズンに合わせて売却するのがベストですので、売却する時期をしっかりと検討されてからそのトラクターを買い取ってもらいましょう。

トラクターの買取基準②

トラクターを専門業者に買い取ってもらう場合に、車の買取と同様にそのトラクターの状態を見る査定があります。専門業者が査定を行う場合に一番買取価格に反映してくるところは馬力です。しかし、この馬力以外にも査定基準として見ているところがありますので、今回はその査定基準についてみなさんにご紹介させていただきます。

まずはトラクターがどれだけ使用されているのか、という稼働時間です。トラクターにはその時間を示す、アワーメーターと呼ばれる測定器が備わっており、アワーメーターが大きければ大きいほど稼働時間が長いということになりますので、専門業者側から見ればこのアワーメーターは少なければ少ない分だけまだ使用できるトラクターになりますので、買取金額も高くなるというわけです。

次に型番や内装外装の劣化です。言うまでもなく、トラクターは機械です。製造メーカーは農作業の方が日々効率的に作業ができるように、常に新しいトラクターを開発や販売しています。時間が経つごとに仕方がないですが、今使用しているトラクターは市場価値が下がってきますが、その期間が短ければ短いぶんだけ市場価値は高く、高値で買取をしてくれます。また、買取するトラクターはまた別の方に使用してもらうので、内装や外装が綺麗に保たれているのか、という点も査定基準として見られるでしょう。少しでも高く買取をしてもらう為に、常日頃からトラクターは綺麗に保つことを心掛けて下さい。

トラクターの買取基準①

大小関わらず、多くの農作業現場で活躍しているトラクター。このトラクターは新品であれば1千万円を超えるほど高価な機械なのですが、日常的に使用する機械ですので、もちろん故障や不備、機械の寿命などなんらかの形で処分をしなくてはいけません。そんなときに助かるのがトラクターの買取を行う業者がいるということ。この業者はトラクターなどの農機具を専門として扱っており、買取をしたトラクターなどをまた使用できるように整備して別の人に中古トラクターとして販売するのです。

そんな買取業者ですが、トラクターを買い取る際にその値段の査定基準としてどのようなところを見ているのかみなさんご存知でしょうか?一般的にトラクターを買取する場合の査定基準はそのトラクターの馬力がどのくらいあるのか?というところを見ます。小さいトラクターであれば、10馬力程度で大きなものになれば50馬力以上のトラクターもあります。日本の農作業に関わる多くの人は20馬力前後を所有している人が多い為、中古でも20馬力前後のトラクターが多く売れる傾向にあります。

また、馬力以外にももちろん査定基準として見ているところがあります。それは馬力以外のオプションです。このオプションとは、例えば車では当たり前ではありますが、夏や冬に使用するエアコン、トラクターではこのエアコンが付いていないものも多くあります。このエアコンが付いているだけで農作業を行う人がどれだけ効率が良い仕事ができるでしょうか?オプションとしてこのエアコンが付いていると多くの農作業者はとても助かるというわけです。従って馬力以外にもこのようなオプションが付いていればその分だけ買取価格が高くなるということになります。